家の模型と虫眼鏡

新築一戸建てを建てる前に、土地の地盤調査を行おう!

土地の地盤調査をする前に知っておきたい種類や費用

新築一戸建てを建てる場合、その土地の地盤調査を行うことが大切です。
しかし、中には地盤調査は面倒と考えている方や、なぜ地盤調査しなくてはいけないのか理解できていないという方も多いでしょう。
そこで今回は、土地の地盤調査をする前に知っておきたい、地盤調査の種類や費用に関してご紹介していきます。
新築一戸建てを建てる前に、地盤調査について詳しく知りたい方はぜひこちらを参考にしてみてください。

地盤調査を行う理由

まず、なぜ新築一戸建てを建てる前に土地の地盤調査を行う必要があるのでしょうか?
地盤調査は、地盤が建物をきちんと支えることができるのかを調査することを言います。
建物の基礎と地盤は接地しているため、もし地盤が弱いと建物の荷重に耐えきれなくなってしまい、地盤が崩れて建物も沈下してしまう可能性があります。
建物の荷重に耐えられる地盤なのかどうかは、見た目だけでは判断することができません。
そのため、安全な新築一戸建てを建てる前に地盤調査は行なっておくべきなのです。

地盤調査の種類

地盤調査には実は様々な種類があるのですが、実質2種類の地盤調査が主に活用されています。
それぞれの地盤調査は特徴も異なるため、種類ごとの特徴も知っておきましょう。

・スウェーデン式サウンディング試験
スウェーデン式サウンディング試験は、地盤調査方法の中でも調査日数が短く、簡単に調査することができてしまう方法の一つです。
調査に使う装置もかなり簡易的で、一人でも十分に地盤調査を実施することができます。
また、コストも低価なので選ばれることの多い地盤調査と言えます。
ただし、土壌の採取ができないため精度は低くなってしまいます。
以前までは試験結果を改ざんすることができたり、地盤調査を行なっている人によって試験結果に違いが生じてしまうこともありましたが、現在では全自動式での記録を採用しているため、改ざんや技術による差はあまり生まれなくなってきています。

・ボーリング調査
土質試験を実施するため、高精度な地盤調査が可能となります。
しっかりとした地盤調査が可能となり、地盤改良の工事でもムダのない施工となるためコストも抑えることができます。
ただ、現在は大型の物件に適用されることが多く、住宅でボーリング調査を行うとなると、大掛かりな調査になってしまいます。
また、地盤改良工事のコストが抑えられても、ボーリング調査にかかるコストは高価なので全体の費用として考えると、そこまでコストダウンにはつながらないでしょう。
調査期間も長くなってしまい、新築一戸建て建設の取り掛かりも遅くなります。

このように、土地の地盤調査では主にスウェーデン式サウンディング試験とボーリング調査が主な2種類となりますが、新築一戸建てに関してはスウェーデン式サウンディング試験が選ばれることがほとんどです。

地盤調査にかかる費用は?

地盤調査にかかる費用は、先程も紹介したようにスウェーデン式サウンディング試験の方がコストを抑えることができます。
目安として、スウェーデン式サウンディング試験の場合6~10万円が相場とされています。
ボーリング調査になると、15~30万円前後かかる場合もあるので、コスト的にもスウェーデン式サウンディング試験の方が良いと言えます。
地盤調査はその土地の所有者が行うことになりますが、基本的に地盤調査を実施するのは土地購入後となるので自己負担になります。
しかし、場合によっては土地が既に「地盤調査済み」として販売されているケースもあるので、極力コストを抑えたいという方は土地選びの際に地盤調査済みの土地を探してみると良いでしょう。

土地の地盤調査にはいくつかの種類があり、それぞれで費用相場が違うことが分かりました。
新築一戸建てを建てる時は、土地の地盤調査もきちんと行うようにしましょう。

オススメリンク

  • 昭和住宅本社

    安心・安全に暮らすための強固な構造造りを心がけ、基礎から各構造に至るまでプロの目で厳しくチェック致します。
    加古川・高砂の土地や新築一戸建てをお求めの方はこちらがおすすめです。

ニュース

2018/05/18
地盤調査を業者に依頼する際の3つの注意点を更新しました。
2018/05/18
地盤調査はなぜ行わないといけないのか?を更新しました。
2018/05/15
地盤調査の具体的な流れを更新しました。
2018/05/15
住宅の地盤に関わる法律を知っておこうを更新しました。